さまざまな職業を探すコツを伝授します!

求人サイト利用の利点と欠点

求人サイト利用の利点と欠点について、説明します。
近年、求人サイトを利用して求人先に直接応募する求職者は、少なくありません。
そこで、求人サイトの利用を検討している方にとっては、求人サイト利用の利点と欠点を、事前に知っておいた方が良いでしょう。
まず、求人サイト利用における主な利点は、4つあります。
1つ目は、多数の求人情報が載っていて容易に検索できること、です。
多数の求人情報が載っているだけでなく、自分の希望条件に近い求人を、簡単に検索できます。
2つ目は、採用動向がわかること、です。
求人サイトに載っている様々な求人内容を見ることで、どの業界が熱心に求人を募集しているか、採用動向がわかります。
3つ目は、直接応募できること、です。
自分の関心のある企業が求人を出している、などの場合、通常、直接応募できます。
4つ目は、採用に繋がり易い傾向があること、です。
企業へ直接応募できること、企業側の採用コストが低く抑えられていること、から、採用に繋がり易い傾向があります。
一方、求人サイト利用における主な欠点は、3つあります。
1つ目は、企業の悪い部分が見えないこと、です。
企業は、自社のアピールしたい良い部分しか広告掲載しないので、悪い部分が見えません。
入社するまで、悪い部分が見えない可能性もあります。
2つ目は、年収が高めの求人が少ないこと、です。
比較的年収レンジが低めで、採用人数の多い求人が多い傾向があります。
3つ目は、キャリア経験者が興味を惹く求人が少ないこと、です。
管理職以上などのキャリア経験者にとっては、興味が惹かれる魅力的な求人が少ない傾向があります。
この理由は、管理職系の求人、新規プロジェクト関連の求人などは、企業にとっての秘匿性が高いので、求人サイトで世間に公開されることを敬遠するからです。
すなわち、求人サイトに載っている求人は、求人全体の一部であることを理解しておく必要があります。